若いんだ!前向いて駆け出せば掴めるものがある!/佐藤工業株式会社             斬新なアイデア、良いパフォーマンスを期待しています!/スバル興業株式会社             自らの知恵と汗とほんの少しのひらめきで、自らの街のインフラをより利用しやすいものに改革して下さい/株式会社南紀白浜エアポート            インフラの未来は君たちの手に!/西松建設株式会社            自由な発想でインフラの未来を創造していきましょう!/一般社団法人特殊高所技術協会            一緒にインフラの未来を考えよう/一般財団法人経済調査会            会心の一撃で社会にインパクトを!/株式会社アイ・エス・エス             未来へむけ技術者を応援します!/一般社団法人日本橋梁建設協会

フソウからの挑戦状

新しい社会サービス「スマート・ライフライン」を創造しよう!

フソウは、「水と共に生きる」をコーポレートメッセージとし、「水」を中心とした製品・サービスを通じて、お客様や地域社会の発展に貢献してきました。
昨今、国内・国外では様々な「水問題」を抱えており、その解決には地域のニーズをひとつひとつ丁寧に拾い上げ、最適な解決策をデザインすることが重要です。その一つの手法として、社会事情の変化や新たな生活様式への対応のため、フソウはデジタル化を進めています。
デジタル化には「デジタイゼーション※1」「デジタライゼーション※2」「デジタルトランスフォーメーション※3」のプロセスがあります。
デジタル化を進めるためには、このプロセスを理解したうえで基本となるアナログを極めると共に、目指すべき未来形をしっかりと意識する必要があります。

このような中、フソウは“受益者4も含めた利害関係者が互いに協働して整備する新しいインフラのカタチ”を「スマート・ライフライン」と呼称しました。

今までに誰も見たことのない新しい社会サービス「スマート・ライフライン」について、是非自由な発想で提案してください。

 

※1) デジタイゼーション
情報をアナログからデジタルに変換すること。

※2) デジタライゼーション
デジタル化された情報を用いて、プロセスをデジタルに順応させること。

※3) デジタルトランスフォーメーション(DX)
デジタル化されたプロセスが、新たな社会システムとしてなくてはならないものに昇華・創造されること。

※4) 受益者
事業体によるインフラ整備などの事業により利益を受け取る権利を有する者。
通常、国や地方自治体によるインフラ整備の場合は、広く住民が利益を受け取る権利を有することが多いため、税金等が活用される。